【提携】トヨタがソフトバンクをうまく使いこなせたら成功の意味とは?

ソフトバンク, トヨタ

トヨタ自動車とソフトバンクが10月4日、自動運転者による移動サービス分野で提携することが発表されました。

新会社を「MONET technologies(モネ テクノロジーズ)」と命名し、ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%を出資します。

これを聞きつけたSNSのユーザー同士のコメントでは「新時代の始まりはやはりこの国、日本からやな〜〜この国に生まれたことに最大級の感謝やわ」
「ソフトバンクは行政が苦手だから、ソフトバンクにとってこれ以上ないパートナー。しかも、株の過半数取得。最高じゃないか?」という賞賛やあっぱれというコメントが多く寄せられている中、「ソフバンと組むなんてトヨタ大丈夫か?」「トヨタよ、お前もか。
パートナーを間違うと奈落へ真っ逆さまに堕ちるぞ。」という否定的かつ不安を示すコメントも寄せられています。

多くの賛否両論の意見がある中、トヨタとソフトバンクが手を組むことに対して、有望だと思いますか?それとも、無謀な挑戦であると思いますか?

コメント欄に理由をかいて議論してみましょう!

Google Custom Search API
82票
(77%)
25票
(23%)
ボタンを押して投票してください!
無謀 有望

良かったら
シェア!してね