ウォータープルーフや汗に強いタイプの夏用メイク、日焼け止めなどいつもより濃いメイクになりがちなのが夏。お肌の状態は刺激を受け、デリケートになっています。

しっかりオフしてお肌の汚れを取り除かないと、ニキビや肌荒れを引き起こしてしまうかも…

だからといって、メイクや皮脂などの汚れをキレイさっぱり落としてしまうような強洗浄力クレンジングを使ってしまうと、お肌に必要な潤いまで落としてしまい、乾燥などのお肌トラブルの原因に。

そのため夏は、メイクの濃さなど日によって使い分けたオフをすることが大切です!

メイクオフのPOINT

1. 洗い方

夏のお肌はデリケート。擦ったりして摩擦刺激を与えることは絶対にさけましょう。メイクとクレンジング料をしっかりと馴染ませ、汚れを浮かせて落とすようにしましょう。

化粧品は油性で水と混ざりにくいので、水だけではキレイに落とせません。そのため、油分と界面活性剤を配合したクレンジングがほとんど。油分でメイクを浮かせ、界面活性剤でさっぱり落とすというわけです!

2. 使う量はどれくらい?

クレンジングの量が少ないと、摩擦による刺激が強くなってしまい、お肌にダメージを与えやすくなってしまいます。量は多めに、伸びの良いクレンジングを選ぶようにするといいでしょう。

3. 時間やお水の温度は?

長時間お肌につけていると、潤いまでさっぱりさせてしまいます…
クレンジングを顔につけてから洗い流すまでを30秒で済ませるというのがBESTです!

冷たい水だと汚れが浮きにくく、熱いお湯だと乾燥してしまいます。
最適なのは中間のぬるま湯です。

上記で説明したように、クレンジングには気をつけないといけないPOINTがたくさんあります。

キレイにメイクオフして、夏のデリケートなお肌を守りましょう!

現在の投票数は116票です
コメントはありません

  • ちゃんとできてる!
  • ばりばり乾燥させてたわ…
  • 乾燥て冬だけじゃないのね。

ぱっと見落ちたと思っても、意外と残っているものなので、洗い残しがないように! おっきめの鏡だとチェックしやすいですよ!

コメント

参考になったら
シェア!しよう

Twitter で

コメントを書く

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »