おめでとう!国民栄誉賞の授与決まる!羽生結弦のココがスゴイ!

2018年6月1日オリンピック, 国民栄誉賞, 羽生結弦

出典:デイリースポーツ ONLINE

2018年6月1日の閣議で2月に行われた平昌五輪フィギュアスケート男子で前回ソチ大会に続き2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦選手に国民栄誉賞を授与することを決めました。

個人での受賞は最年少受賞で、授与式は7月2日に首相官邸で行われます。

平昌五輪直後も国民栄誉賞を授与すべきかどうか議論されたものの結論は先延ばしになっていたので、正直「ようやく決まったか」という印象ですね。

フィギュアスケートを通して偉大な功績を残した羽生選手への国民栄誉賞の授与は誰もが納得するところでしょう。

苦難を乗り越えて掴んだ栄光

国民栄誉賞の授与の一報を受けて羽生選手は次のようなコメントを残しています。

 

大変名誉ある賞を頂き身に余る光栄です。私がスケート続けていられることも、日本のフィギュアスケートがこれほど脚光を浴び続けていることも、フィギュアスケート界の偉人の方々がこれまで切り開いてくださったからこそだと感じております

引用元:デイリースポーツ online

1994年宮城県仙台市生まれの羽生は、姉の影響で4歳でスケートを始めました。

ソチ五輪開催からさかのぼること約3年前の2011年3月11日東日本大震災―当時16歳だった羽生選手は仙台市内のスケートリンクで練習中に被災しました。

十分とは言えない練習環境の中で迎えたソチ五輪。

それでも羽生選手は全世界が注目する中で圧巻の演技を見せ、結果はうれしい金メダル!

出典:デイリースポーツ ONLINE

フィギュアスケート男子としては史上2番目の若さでアジア人初の金メダリストになりました。

それから4年後―2018年平昌五輪。

平昌五輪を4ヵ月後に控えた2017年11月のNHK杯で4回転ジャンプの着氷に失敗し、右足首を故障するというアクシデントに見舞われました。

一時は五輪の出場自体危ぶまれるほどの大怪我で日本中に「さすがに今回は無理だろう…」と半ば諦めムードが漂っていました。

ただ羽生結弦は違いました!

出典:Youtube

約4ヶ月ぶりの実践、それも五輪本番で異次元の強さを見せつけ見事金メダルに輝きました。

 

羽生結弦の本当の強さ

羽生選手の技術は誰もが認めるところだと思いますが本当に素晴らしいところは他にもあるんです。

出典:デイリースポーツ ONLINE

逆境を「楽しむ」力強さ

連覇がかかった平昌五輪のため韓国入りした際も、羽生選手は「笑顔」でした。

「逆境は嫌いじゃない。弱いというのは強くなれる可能性がある」と発言していました。

内心右足首の怪我の心配やそれによって演技構成を変更しなければならない不安があったにもかかわらず、むしろ「楽しんでいる」ようでした。

自分を追い込む厳しさ

オリンピック2大会連続金メダリストと言っても羽生結弦は弱冠23歳。

羽生選手と同世代の人を見てみると好きなアーティストのライブに出かけたり、友達と遊びに行ったりすることが楽しい年頃なのですが羽生選手は違います。

平昌五輪まで3年以上ある夏、羽生選手は「朝日新聞DIGITAL SPIN THE DREAM 孤高の星 羽生結弦」内で次のように語ったと紹介されています。

出典:朝日新聞 DIGITAL

「(大リーグ・ヤンキースの)田中(将大)選手を1回は見たいなあ、と思っているけど、他のことに体力を使うよりは、こういう生活の方がいい。練習をするためにカナダにいる。僕は漫画の熱血系のアスリートだと思います。スポ根的な」
野球や音楽好きで知られるが、「コンサートもライブも行ったことがなくて。試合の観戦もベガルタ仙台のキックインと、楽天の始球式で1、2回見ただけ」と話した。

引用元:朝日新聞デジタル

なんとストイック!!真似しようとしてもなかなか出来たものじゃありません!!

常に感謝の気持ちを持つ謙虚さ

言葉で言うのは簡単ですが体現している人は意外と少ないのではないでしょうか?

羽生選手は先に記した通り、2011年東日本大震災で被災して以降、度々被災者の方および被災地に思いを寄せています。

被災当初は「スケートをしていていいのか?」と自問自答した日々を過ごしたそうです。

そんな中、選抜高校野球に出場した野球部のクラスメートを見て元気をもらい、「自分に出来ることはスケートだけ。スケートを通して少しでも多くの人に勇気を与えられればいいな」と自らを奮い立たせたそうです。

大会でメダルを取った後にインタビューをされる際には努めて被災地や被災者の方を想う発言を行っていて、これには被災者の方々も「とても元気と勇気をもらいました!」と口を揃えておっしゃいます。

これは羽生選手の「地元・宮城の方をはじめ多くの方に支えてもらって今の自分がある」「スケートを出来ることに感謝している」という強い思いの表れでもあるのです。

これからも走り続ける羽生結弦

出典:デイリースポーツ ONLINE

そんな羽生結弦ですが、先日平昌五輪の結果を受けて仙台市では祝賀パレードが盛大に行われ、およそ1kmのパレードのコースになんと10万人以上の人が詰め掛けたそうで、羽生選手の人気と人柄が現れたニュースだと思いました。

技術だけでなく内面もまさに異次元の存在「羽生結弦」

そんな今回の国民栄誉賞の授与は誰もが納得するところでしょう。

羽生選手本当におめでとうございます!!

そんな完全無欠の羽生結弦ですが、国民栄誉賞を受賞するほどスゴイ!と思うのはどんなところですか?

現在の投票数は189票です
コメントはありません

  • スケートの技術
  • ルックス
  • 自分に厳しいところ
  • 他人に優しいところ

あなただけが知る羽生結弦の魅力を教えてください

コメント

良かったら
シェア!してね