【緊急アンケート】「適応障害」での言い逃れは認める?認めない?

適応障害

ビザなし訪問団で訪れた国後島で、酒に酔って戦争による北方領土の奪還論に言及した上、「おっぱい」など数々のハレンチ発言をしていたことが表面化している丸山穂高衆院議員は24日、事情聴取のために出席を求められていた衆院議院運営委員会理事会を、「体調不良」を理由に欠席しました。

議運側には、丸山氏側から診断書が提出され、病名は適応障害で、「2カ月の休養が必要」との診断が記されていたとされます。

「戦争」発言のほか、「女性のいる店で飲ませろ」「キャバクラに行こうよ」など、訪問の目的から完全に逸脱した発言をしていたことが、参加者の証言で次々と明らかになっており、禁止されている宿舎からの外出を試みようとしたことも分かり、事と次第では外交問題に発展しかねない行動を取っていたとして、改めて国会議員の資質が問われる事態となっていますが、『逃げたいときには病気と偽装できるのか』などと多くの批判を受けています。

みなさんは、今回の診断書の適応について、認めますか?

コメント欄にご意見をお願いいたします。

総投票数904

コメント数1

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

認める?票
認めない?票



良かったら
シェア!してね