銀魂完結できずも「変なところで打ち切るよりもよほど読者に対して誠実に思える。」

銀魂

人気漫画『銀魂』が、昨年12月より完結に向けて『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』で連載をしていましたが、またも完結できなかったことを22日発売の同誌vol.3で発表しました。

主人公・坂田銀時が土下座している姿が描かれた担当編集のお詫びページが掲載されています。

完結できなかった理由について「あ、これ3号目までで完結しないやつじゃね?」と気付いたのは1号目の原稿待機中だそうです。DB(ドラゴンボール)パロディが6ページ分だったのを見た時「1号目が発表されたころの僕はといえば、『どう見ても「おわり」って続くつながる表紙』という既成事実もあり『どうあがいても絶望』状況でした」と経緯を説明しています。

これに対しネット上では「作者が描きたいストーリーを描き切って完結させるのが本来の姿。出版社側の事情に合わせて完結させたり、変なところで打ち切るよりもよほど読者に対して誠実に思える。」

「無理に引き延ばすだけ引き延ばされたり、ちょっと人気が落ちただけで打ち切られたりする作品も多い中、どんな形であれ、作者の気の済むまでやれるのはいいことだと思います。」

「銀魂だからってなんでも許してしまう謎。ただ、完結まで楽しみだけど終わってしまうの寂しいからもう少し延ばしてくれても…なんて。とにかく空知先生がんばって…」

など、反対意見よりも応援コメントの方が多く見受けられています。

皆さんは今回の完結できなかった件について、どう思いますか?

総投票数18

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

銀魂らしい?票
だらだらしすぎ?票



良かったら
シェア!してね