極めて異例の87人が緊急声明 「国民生活に及ぼす影響、検討が不十分」

違法ダウンロード

インターネット上に違法アップロードされた漫画や写真など、あらゆるコンテンツについて、著作権侵害されているとを知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする方針が、文化審議会著作権分科会で決まりました。

しかし、このダウンロード違法化の範囲拡大に対し、知的財産法や情報法の研究者らが2月19日、対象の範囲について「さらに慎重な議論を重ねることが必要」「拙速な法改正は、私的領域のおける情報収集の自由に対して過度の萎縮効果を及ぼす」とする緊急声明を出しました。

文化庁の方針に対し、著作権法の専門家らが一斉に反対の意思表明をすることはきわめて異例です。

緊急声明では、今回の方針はクリエーターやネットユーザーから懸念の声が上がっていることからも、法改正の前提となる立法事実や、国民生活に及ぼす影響についてもいまだ十分な検討がされているとはいえないと厳しく批判。

これに対し、ネット上では「そもそもウェブサイトを見た時点でパソコンなんかが勝手にキャッシュにダウンロードしてる訳だからね……。」

「「違法と知りながら」がグレーゾーン過ぎる。」

「これは部分しか見ていなくて、全体の流れが全く見えなくされるようでは本末転倒になります。これは国力が下がっていくだけです。単純な推進とはいえないですが、同時に失っていくものも大きなものがあります。」

というコメントが殺到。

このまま流れてしまう可能性が高いとの声も挙げられています。

みなさんは今回の緊急声明に対して、賛成ですか?反対ですか?

総投票数3

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

反対?票
賛成?票



良かったら
シェア!してね