ホッキョクグマもいよいよ切羽詰まった状況なんだよね…生きるために

ホッキョクグマ

ロシアではこの数カ月、50頭を超えるホッキョクグマが住宅やオフィスに侵入し、人を攻撃する例も確認されており、当局が非常事態宣言を発令しています。

村では車や犬を使って追い払おうとしているものの、ホッキョクグマはライトや吠え声に慣れて怖がらなくなっており、もはや効果がなく、空に向けて銃を撃っても、驚かないという。

島には約3000人が暮らしており、住民はホッキョクグマに怯え、家から出るのも怖がっているという事です。

しかし、ホッキョクグマも同様に、温暖化で追い詰められている状態です。現在、国際自然保護連合のレッドリストで危惧種に認定されています。

最善の対処法を考え出すため、専門家グループが現地に派遣される予定ですが、やむを得ない場合には殺処分の可能性も排除していないといことです。

これに対しネット上では「ホッキョクグマもいよいよ切羽詰まった状況なんだよね…生きるために、子供を守るために必死。襲撃された村の方々も大変ですが、何かいい方法はないものか。」

「人間がクマの生息地帯を奪ったのも事実だろうけどさすがにコレは怖いですね。
誰かが随分前から餌付けしてて味を覚えてたのかもしれないですね。どちらにも被害が出ない事を祈ります。」

「人は移転してでも生きていけるが、ホッキョクグマは、この地でアザラシを獲って食べる以外に、生きる術がない。他に選択肢が有る人間と、他に選択肢の無いホッキョクグマなら、どちらを優先すべきか?」

など、賛否両論のコメントが寄せられています。

みなさんは、今回のホッキョクグマの問題に対して、どう思いますか?

総投票数104

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

人工的に飼育していくしかない?票
ホッキョクグマを守るべき?票
対策は難しいと思う?票



良かったら
シェア!してね