無償化なんて望んでない。片親働いたら暮らせるようにしてほしい。

幼保無償化法案

政府は12日午前の閣議で、幼児教育・保育を無償化する子ども・子育て支援法改正案を決定しました。

3~5歳児は全世帯、0~2歳児は住民税非課税世帯が対象で、10月1日から認可保育所などの利用料が無料になる。認可外施設も無償化の対象だが、補助額に上限を設けるようです。

認可保育所や一部の幼稚園、認定こども園に通う3~5歳児は世帯の年収にかかわらず全額無料。認可外施設は、共働き世帯など保育の必要性があると認定された3~5歳児は月3万7000円、0~2歳児は月4万2000円をそれぞれ上限に補助されます。

これに対しネット上では「無償化なんて望んでない。その財源で、保育士の待遇を改善し、保育園を増やすのではなく保育士の数を増やすべき。そうすれば保育の質も上がり、安心して預けれるようになることにも繋がると思う。無償ほど怖いものはない。保育料くらい払います!」

「運よく保育園に預けられる人には、無料というさらなる特典。とても不公平。その財源で、預けたい人が預けられるようにするべき。」

などの声が寄せられています。

普通に子ども手当・児童手当のような支給を充実させたら、それだけでいいと思います。育児世帯はたくさん出費・消費があるんだから、どこを削ってどこに使うかは母親に任せたらいいのでは?とも考えます。

みなさんは、今回の幼保無償化について、賛成ですか?反対ですか?

ご意見をコメント欄に宜しくお願いします。

総投票数290

コメント数2

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

反対?票
賛成?票



良かったら
シェア!してね