ネットを利用した脅威の個人特定能力「悪人は晒されて当然」

SNS, 個人情報

先日京都府で起きた散歩中の犬を蹴るという信じられない「虐待事件」がニュースになっています。

近所の方が日常的に行われていたワンちゃんへの虐待を見兼ねて動画を撮影し、SNSへ投稿。

一気に拡散した動画は、ある動物保護団体の代表の目にとまります。

広島で活動しているこの動物保護団体は動画を解析し、わずかな時間でどこで虐待動画が撮影されたのか場所を特定したというのだからビックリ!

翌日広島から京都へ向かい、虐待している決定的な瞬間をおさえ警察に通報。無事ワンちゃんは保護されました。

動画内の数少ない情報から特定できるなんてすごい時代ですよね!

情報の特定といえば連日報道されてうんざりしている「バイトテロ」に対してはもっとすごい!

バカなことをやらかした通称「バカッター」に対しては遠慮なんか全くない。

店舗名は当然のこと、「犯人」の本名や年齢、現在通ってる学校を含む学歴、現在住んでいる住所まで特定されている人もいます。

ネット民の個人特定の能力の高さはもはやFBIレベル・・・恐るべし!!

そのためネットは怖いと言う方も多くいらっしゃいますが、私はこういう悪事への抑止力につながる活動はアリだと思います。

悪いことをすればネットの力で瞬時に個人を特定され、その後の人生を大きく左右される・・・

そう考えたら悪いことが出来なくなると思うので、これからも悪事を働いた人の個人情報はどんどん晒していいでしょ?

それでも個人情報は守られるべき?

総投票数67

コメント数0

トピ主:匿名

法律だってある訳だし守られて当然44票
悪人だから晒されて当然!守る必要なし23票



良かったら
シェア!してね

Posted by 一般投稿