千葉県の女児死亡事件で母親も「逮捕」あなただったら本当に娘を守れますか?

DV, 事件

千葉県野田市の小学4年生の女児が自宅で死亡した事件で、日常的に暴力をふるっていた父親が逮捕されましたが、続いて母親も逮捕される事態になりました。

直接暴行を加えた形跡はないものの、事件があった朝から自宅にいたにも関わらず父親を制止せずに黙認したことが「共謀罪」にあたると判断されたようです。

しかしこの母親もただただ娘が憎くて、見て見ぬフリをした訳ではないんです。

実は母親は調べに対し

「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」

と供述したのです。

そう!母親も父親の暴行のターゲットだったんです!

父親から母親へのDVの兆候は女児が出した「SOS」からも読み取れます。

出典:毎日新聞デジタル/2019年2月2日 女児の自筆によるアンケート

このアンケートの書き込み以外でも担任だった女性教諭に対して女児はこうも打ち明けてました。

「おきなわでは、お母さんがやられていた」

悲しすぎます・・・

さらに逮捕された父親は児童相談所による一時保護を解除された直後の娘に

「お父さんにたたかれたのはうそ」
「児童相談所の人にはもう会いたくないので来ないでください」
「(父、母、妹と)4人で暮らしたいと思っていました」

などウソの状況を書かせ、その書面を柏児童相談所に提示していたことがわかりました。

そんなことをした理由の1つがもしかしたら父親のDVから母親を守るためだったとしたら・・・と思うと胸が締め付けられます。

勇気を振り絞ってお母さんを助けようとした娘

娘も大事だけど自分の身の安全を優先した母親

第三者として見る分には「どうして自分を犠牲にしてでも娘を助けなかったのか?」という内容の意見が多いようですが、もしも自分だったら本当にできますか?

私は一概に母親を責められないと思います。

それでも母親は自分を犠牲にしてでも娘を守るべきだった?

総投票数40

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

子どもを守るのは親として当然だ19票
やっぱり自分の身を守ることが最優先21票



良かったら
シェア!してね