嵐のシングル・アルバム・DVD売上ランキング急上昇!コレって意味あるの?

先日、2020年12月31日をもって活動休止すると発表した嵐の楽曲がオリコンランキングで急上昇を見せています。

出典:https://contents.oricon.co.jp

2月11日付けのオリコン速報によると

シングル「君のうた」 87位→25位

アルバム「untitled」  圏外→18位

DVD「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitled」 49位→1位

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ちなみにDVD「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitled」は2018年6月に発売されたもので、2018年7月2日付け以来の1位になりました。

他にも「5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009」をはじめとするDVD作品は「untitled」を含め4作品がトップ10入りしていて、CD・DVD合計で23作品がトップ100に入っているからすごいですよね。

(オリコン調べ、集計期間は1月28日~2月3日)

でもこの結果ってSMAPの解散騒動の時にもあった、嵐ファンの「購買運動」によるものでしょうけど

コレって何の意味があるの?

仮に「活動休止or解散すると今後テレビで見られなくなるから今のうちに買っておこう♪」と考えた人がいたとしても、そんな人がチャートが変動するほど大勢いるとは思えないし・・・

別にCDやDVDが売れたからと言って解散や活動休止を撤回する訳でもないでしょ?

こんなのファンによる自己満足じゃないの?むしろこの時期に新曲を発表したり、アルバムやDVDをリリースする他のアーティストの邪魔でしかない!

私にはわかりません!

みなさんは嵐の「購買運動」について理解できますか?よかったら理由も教えて欲しいです

総投票数52

コメント数1

トピ主:匿名

もちろん!理解できる30票
全く理解できない22票



良かったら
シェア!してね

Posted by 一般投稿