恵方巻き売れ残り試算○○億円!?税金投入して大部分を焼却処分

恵方巻き

2月3日は節分でしたね。

一昔前までは節分といえば「豆まき」でしたが、ここ数年は豆まきに変わり「恵方巻き」を食べる習慣が浸透しつつありますよね?

実はこの恵方巻きに関するとんでもない数字が発表されたのです。

売れ残り試算16億円!

2019年1月に農林水産省が小売業界に対して「恵方巻きについて需要に見合う数を販売するように」と通知を出していました。

恵方巻きといえばスーパーやコンビニで節分間近になると大量に山積みされている光景をみたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかしそのすべてが売れている訳ではなく、毎年売れ残った恵方巻きが大量処分されていたのです。

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)の井出留美さんと学生食品ロス削減プロジェクトの大学生メンバー6名が首都圏の百貨店・スーパー・コンビニエンスストアを対象にした調査によると、今年の売れ残りとしてロスになっている恵方巻きの総額はなんと

16億6,406万7,623万円

とんでもない恵方巻きが売れ残っていたんです!

売れ残った恵方巻きは税金を使って焼却処分

1部は豚などの飼料に回されるものの、それらのほとんどは焼却処分されるというのだからもったいない!

さらにその焼却処分には私たちの税金が大量投入されるというのだから余計腹立たしくなってくる。

「頼んでもない大量の恵方巻きを作っといて、売れなかったら税金使って処分する」

ありえない・・・

親から「食べ物は粗末にしないように」って習わなかったのだろうか・・・??

そんな恵方巻きの風習だったらいらないよ・・・

来年以降も恵方巻きの習慣って必要ですか?

総投票数5

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

福を呼び込む縁起物だし必要でしょ!0票
お金の無駄遣いだから必要ない!5票



良かったら
シェア!してね