クレジットカードの海外旅行保険って何?保険会社のものと何が違うの?

クレジットカード, 保険, 海外旅行

梅雨が始まり、そろそろ夏休みの計画も立てる人もいるのではないでしょうか?人気の旅行先といえばやっぱり海外!!ハワイやグアムはすっかり定番ですが、シンガポールや香港などのアジア系も最近人気です。

そんな海外旅行に行く際に加入したほうがいいと言われる海外旅行保険。なにかあったときは困りますからね、もしもの備えは大事です。

けれどちょっと待って、クレジットカードにも確か海外旅行保険ってついてたような・・・だったらわざわざ空港で保険に加入する必要ないじゃん!!と思ったそこのあなた。その考えは危険です。

空港で加入する保険とクレジットカードに付与されている保険は各補償内容によって変わってきます。クレジットカードに保険が付与されているからといってそのまま出国すると何かあったときに痛い目を見る羽目になります。それぞれの違いを明確にしてメリット・デメリットを比較してましょう。

まず一つ目は補償期間です。

クレジットカードの海外旅行保険は出国から90日間補償期間があるのに対し、保険会社の海外旅行保険は日数を選択でき料金も変動します、原則として旅行期間のみです。補償期間の点では圧倒的にクレジットカードに分配があがります。

次に補償する対象範囲です。

クレジットカードの海外旅行保険は疾病死亡は補償していません、つまり「病気が原因で亡くなってしまった場合は保険の対象外ですよ」ということです。
反対に保険会社の海外旅行保険は疾病死亡を補償しています。金額は会社ごとに違いますが1,000万くらいが目安のようです。補償する対象範囲は保険会社が有利ですね。

最後の違いは治療費の支払い方法です。

海外でなにか病気にかかってしまったら現地の病院にいきますよね。クレジットカードの海外旅行保険の場合は病院で受診料を立て替え、帰国後に保険金を請求するケースがほとんどです。一方、保険会社の海外旅行保険は治療費を立て替えることなく治療を受けることができます。手間がかからない、負担する金額がないと言う点で見ると保険会社のほうがいいと言えます。

いかがでしたでしょうか?他にも各クレジットカード会社、各保険会社によって細かい違いはありますが、大きく異なる点は上記3点です。

私なりに要約すると・・・

短期滞在の場合で病気にもかからない、事故にもあわない自信があるならクレジットカードに付与されている保険で十分だと思います。

長期滞在や治安の悪い国へ行くなら保険会社の海外旅行保険に加入することをおすすめします。

ここまで書いておいてなんですが、極論どちらも加入するのが一番です。
この記事を読んで、あなたがもし海外旅行に行くなら、海外旅行保険はどちらに加入しますか?理由も合わせてお聞かせください。

現在の投票数は139票です
コメントはありません

  • クレジットカードの保険で十分!!
  • 保険会社の保険にも加入する!!
  • 備えあれば憂いなし、どっちも加入する!!

コメント

良かったら
シェア!してね