お金がない!そうだ・・・市役所に「借り」に行こう

急な入院や介護費用が必要になったり、生活がピンチの時って普段は気にもしない「プ○ミス」や「ア○ム」などの消費者金融の看板がやたら気になるもの。

消費者金融からお金を借りるのって抵抗あるけど、そんなことも言ってられない!

ちょっと待った!

それだったら「市役所」にお金を借りよう

市役所は最大10万円まで無利子無担保で貸してくれる

正式名称は「緊急小口資金」といい、一時的な生活難に対する緊急措置で正当な理由さえあれば審査の結果、最大10万円まで無利子無担保で貸してくれる制度だ。

(主な正当な理由)
□急な入院で高額な医療費が払えない
□リストラにあって生活費が必要になった
□急な金銭トラブルにより生活が困難になった
□公共料金の滞納により日常生活が困難になった

など、生活困窮であることが認められれば審査に通る可能性がかなり高い。

各都道府県によって条件は変わる

あくまでも貸付なので返済能力が明らかにない無職の方や生活保護を受けている方などは対象外だ。

しかし条件さえ満たしていれば返済能力に応じて、自分の収入と相談しながら利子を考えることなく返済プランを計画できるのがありがたい。

またこの制度は各地方自治体ごとに条件が違うため事前に各都道府県のHPをチェックしておくとよいだろう。

市役所はスーパーマンではないので何回も助けてくれる訳ではない

ただし、この貸付は一時的な措置なので何回も受けられる制度ではない

元はといえばその財源は私たちの税金なので考えてみれば当然といえば当然か。。

とはいえ本当に困った時はせっかくの制度。

制度は使ってこそ意味があるのでぜひ活用しよう。

あなただったらどんな時に活用する?

総投票数51

コメント数0

トピ主:ちょこぱふぇ@どっち編集部

投票後に結果が表示されます

滞納してた電気代払ったら生活できなくなった?票
リストラにあって生活が困難?票
ギャンブルで負けて明日から生活できない?票
交通事故で緊急入院したものの医療費が払えない?票



良かったら
シェア!してね