『風の谷のナウシカ』の裏設定あなたはいくつ知ってる?

2018年12月12日アニメ, ジブリ, 映画, 漫画

スタジオジブリ誕生の原点ともいえる作品となった『風の谷のナウシカ』が歌舞伎化するとの情報が入ってきました!

2.5次元が流行っていますが、まさかナウシカが…と衝撃を受けています。

面白そうと興味を惹かれたしどんどん新しいことに挑戦するべきだと思うのですが、まず漫画の続きをアニメ化してほしい…!!

実はみなさんが知っている映画のストーリーは漫画のたった一部なんです。

思った以上に重いナウシカのストーリー

文明人が戦争を繰り返した結果、生きていけないレベルまで大気汚染が進行してしまった

巨神兵を使い、文明を焼き払ってリスタートすることに
(これが「火の7日間」)

大気汚染を浄化するために、大気を浄化する菌と蟲を精製
(これが腐海)

腐海が大気を浄化するまでにかかる期間は数千年、文明人はそれまで卵となり眠りにつくことに

全員が眠ってしまうと眠りを覚ます者がいなくなるという理由から、人造人間を精製
(将来のナウシカ達のこと)

眠りから覚めた時に文明人と人造人間との間に争いが起こると困るので、人造人間を浄化された大気では生きていけないように作られた

文明人が眠りにつき数百年が経過、腐海は順調に世界を侵食していた
人造人間たちは大気を浄化する腐海が自分達にとって毒であるため、敵視。更に世界で戦争を続ける

ナウシカは戦争と関わるうちに、自分達が人造人間であること、大気が浄化されるまでの“つなぎ”の存在だということを知る

人造人間は納得ができず、文明人が眠る場所を探し当て皆殺しに

現実を知ったナウシカは結婚し子供を作り、森で余生を過ごす

結局、子孫が出来ても、浄化された世界では生きていけないので人類は全滅してしまう

映画になっているのはオレンジの文字の部分だけ!!

ナウシカ達は腎臓人間だったんですね!腐海も人の手で作られたとは、衝撃です。

ナウシカのちょっと面白い裏設定や裏話

今回はナウシカのちょっと面白い裏設定や裏話を紹介しちゃいます!あなたはいくつ知ってるかな?

オームの声は布袋寅泰のギター

久石譲氏に「ギターで泣いてくれ」と頼まれたらしい。

ナウシカとクシャナの名前はアナグラムになっている

ナウシカ Nausicaa ⇒ クシャナ Cusianaa

ナウシカの胸が大きいのには理由があった

ナウシカの胸が大きい理由は「死んでいく者達を抱きしめるため」と、監督自身が語っています。

ナウシカに登場するキツネリスはラピュタにも登場している

当初のラストは「突進してくる王蟲の前にナウシカが降り立つ」ところだった

宮崎監督は最初「突進してくる王蟲の前にナウシカが降り立つ」ところで終わりにするつもりだったそう。
そんなん続き気になりますやん。

ナウシカはゲーム化されていた

ちなみに内容は「ナウシカが王蟲や蟲をバンバン殺す」という原作無視の設定だったため、自分の世界観を大事にする監督は「ジブリのゲームを二度と出さない」と激怒したとのこと。

ジブリ短編で“巨神兵”が実写化

エヴァQと同時上映された『巨神兵東京に現わる』という短編アニメです。

漫画家の鳥山明は風の谷のナウシカを14回も見たらしい

鳥山明先生は普段まったくアニメを見ないそう。

風の谷のモデルは外国にあった

風の谷のモデルはパキスタン・イスラム共和国北西部「フンザ」
腐海のモデルはウクライナ、クリミア半島の「シュワージュ」

あなたはいくつ知ってた?

Produced by Author

ボタンを押して投票してください!

1~3コ5票(38%)
0コ4票(31%)
4~6コ2票(15%)
7~9コ1票(8%)
全部!1票(8%)
1~3コ 0コ 4~6コ 7~9コ 全部!

良かったら
シェア!してね