せっかく車を買うなら新車派?中古車派?

2018年11月28日中古車, 新車, 税金, 走行距離

みなさん「愛車」に乗っていますか?

政府・与党は自動車関連税制の将来的な見直しの一環で走行距離に応じた課税を検討しており、2018年12月中旬にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む方向だと報じられましたね。

走行距離課税で車離れがエスカレートする

ただでさえ、これまで若者の車離れなど自動車の保有者が減少していることが問題になっていたのに、さらに車離れが進みそうです。

もし実現したらこれからは気軽に友達や彼氏彼女とドライブに行くことも、ましてや車で遠出する機会も減りそうですよね。

通勤で車を利用している方も年々公共機関も発達しているから、車を使う機会も減りそうです。

愛車に乗るなら、その分税金納めなきゃいけないの?

今までは1台の車に長く、大事に乗り続けるのが美学のようなところがあったけど、これじゃ税金の負担に潰されて、車を持ったとしてもすぐに手放さざるを得ないです。

車を持つためには自動車購入時の自動車取得税や毎年納めている自動車税、車検時にかかる自動車重量税がかかります。

さらに細かい話をすると燃料となるガソリン・軽油にも課税されてるのに、走行距離でも課税されるとなると、ある意味二重課税のような気がする・・・

もはや「愛車」という言葉自体が死語になりそうで淋しいです。
(ちなみに私の「愛車」はホンダのプレリュードですww)

それでもやっぱり車に乗りたい!

現実問題として車を必要としている人は日本中にたくさんいます。

例えば都市部から離れた郊外に住む方、地方の方は車がないと買い物や生活する上で不便ですよね?

もれなく私もそうです

車がないと買い物はもちろん、友達に会いに行くにも、ご飯を食べに行くにも正直どこにも行けません。(心の叫び)

結果、生活するために車を持たざるを得ないのですが、そこで大きな問題に気づいちゃいました。

新車は車自体の値段が高いけど、中古車は税金が高い

車を買う時に、新車を買ったほうがお得なのか?中古車を買ったほうがお得なのか?という問題です。

私はこれまで新車を購入するのは高いし、欲しい車種が中古車にしかないという理由で中古車を選んできました。

でも走行距離で課税されるようになれば、中古車は走行距離が長いため課税額が大きいという圧倒的不利な状態に・・・

かと言って新車で購入するとなれば今後消費税も10%にアップするので、いよいよ安い買い物ではなくなるし・・・

もしも走行距離に応じて課税されるようになったら、みなさんだったら新車と中古車どちらを買いますか?

Google Custom Search API
49票
(21%)
186票
(79%)
ボタンを押して投票してください!
中古車派 新車派

良かったら
シェア!してね