どうせ税金払うなら国税局にも使える還元率高いクレジットカードが良い

クレジットカード, 税金

国税局に税金を払う際にクレジットカードが使えること、ご存知ですか?要点だけ解説しますが、詳しく知りたい方はこちら⇒国税庁クレジットカード納付のQ&A

税金をクレジットカードで払うメリット

ポイントが貯まって電子マネーにに変換したり、マイルをためて無料航空券に変えたりなど、これが最大のメリットです。税金を払うのは国民の義務です。どうせ免れないなら、少しでも見返りがあった方が良いからふるさと納税が流行っているのです。

勿論、ふるさと納税にもクレジットカードを使うことをおすすめします

それに、分割払いが可能という点がもメリットの一つなります。高額の税金をまとめて払うのはしんどい人には一時的な「緩和策」として使えます。

税金をクレジットカードで払う際の注意点

クレジットカードで税金を払う際に、地域によって多少異なりますが1万円ごとに約80円(国税は82円)の決済手数料がかかります。決済手数料がポイント上回り、損する場合もあるので要注意です。

1万円の支払いに82円の手数料がかかりますので、計算すると0.82%となります。ということは、税金払うならポイント還元率1%以上のクレジットカードが良いのです

分割の場合は、リボ地獄に落ちたら大変ですので、各クレジットカード会社の分割やリボ払い手数料をよくご確認ください。

クレジットカードポイント還元率の目安は1%

特定の条件下での還元率だけが強調されたカート入会には要注意です。「標準還元率」が1%以上のものだけが本当の還元率高いカードといえます。一般的にポイント還元率が高いか低いかはの目安はこちらになります。

0.5%:普通
0.75%:やや高め
1.0%:高め
1.2%~1.5%:かなり高め

税金納付におすすめのクレジットカード

まずは、例として、得するクレジットカード選びの要点についてご紹介します。近い条件のカードを使えば普段も、税金の払い込むも得します。

例:楽天カード

年会費:無料、2年目以降の年会費も無料。

新規入会特典:時期によって5000~8000PT

ポイント名:楽天スーパーポイント

ポイント還元率:1%~ 最大14%

ポイント交換倍率:通常1ポイント=1円相当 最大時1ポイント=10円相当

得するクレジットカード選び

年会費無料、2年目以降も無料或いは1回利用すれば2年目以降無料のものを選びます。ポイント還元率1%以上ののものを、普段利用の場面でポイントがたまりやすく、ポイントを使う際に高い倍率で使えるものが良いのです。

地方税の場合はクレジットカードでプラスnanacoがお得

電子マネーのnanaco(ナナコ)はセブンイレブンで公共料金などの支払いに対応しています。クレジットカードでnanacoチャージして、クレジットカードのポイントとnanaco分のポイントダブルでもらう方法です。

地方税の支払いは、nanacoチャージするとポイント1.5倍貰える「セブンカード・プラス」がおすすめです。

国税の場合はポイント還元率1%以上クレジットカードがお得

楽天カードやJCBカードは普段の使い勝手がよく、ポイント還元率は特殊状況の上下除いて平均1.4%以上の還元率がなのでおすすめです。

よくクレジットカードを利用する人は年会費5000円以内のゴールドカードの方が更に倍の還元率だったり別の特典もあって、年会費払っても一般カードよりももっと得する場合が多いです。

クレジットカードを今から作る人や乗り換えを検討している人は急がずじっくり計算するといいでしょう!

最後に、アンケートをお願い致します。今あなたが使っているクレジットカードのブランドを教えてください。宜しければそのブランドを選んだ理由をコメント欄へご入力ください。

Google Custom Search API

ボタンを押して投票してください!

Visa36票(33%)
Diners Club22票(20%)
JCB19票(17%)
TS CUBIC CARD17票(15%)
American Express13票(12%)
Mastercard3票(3%)
Visa Diners Club JCB TS CUBIC CARD American Express Mastercard

良かったら
シェア!してね

Posted by netamillwww