交通違反の取り締まる覆面パトカーは世間からも恐れられています。

普通に安全運転をしていればお世話になることはないのですが、近くにパトカーがいないので少しスピードを上げて飛ばしたらまさかの覆面パトカーに捕まってしまったりと、恐怖の存在です。

今回は、最新の覆面パトカー事情含め、見分け方と特徴を紹介していきます。

覆面パトカーは2種類存在する


通常、良く見かける白黒のパトカーは「制服パトカー」と呼ばれ、主に交通の取り締まり活動で使用されます。

一方、何ら普通の一般車と同じ見た目のパトカーの事を「」と言います。

この覆面パトカーですが、実はこれにも2種類に分類されます。
1つ目は、刑事ドラマなどでよく見かける、事件が起きた時に出動する「機動捜査車両」というもの。

2つ目は、スピード違反や交通違反をした際に取り締まる車両「交通取り締まり専用覆面パトカー」です。この車両が一般の人がよくお世話になる覆面パトカーです。

覆面パトカーを見分ける方法1:車種

覆面パトカーでは、使用される車種が決められています。なぜかというと、覆面パトカーを決めるにあたり、規定基準が存在し、それを満たした各自動車メーカーの車のみが採用車種となるからです。

その規定項目は、非常に多く、車のボディサイズ・ドアの数・ピラーの有無など検査項目が大量にあります。

パトカーでイメージされるものは、クラウンが多いと思いますが、これは日本のパトカーの歴史で初代クラウンが正式にパトカーとして採用されたからです。

現在最も規定にあっているのが、トヨタのクラウンなのです。

他の自動車メーカーも、覆面パトカーを造れば良いのでは?と思う方もいると思います。

しかし、覆面パトカーとしての規定を満たす為には相当なコストがかかり、メーカー側としても得にはならないのです。
そのため、トヨタ以外のメーカーが撤退をしてしまい、クラウンが目立つのです。

しかし、現在では規定条件も少しずつ変わり、様々なメーカーも参入してきました。

スバルのレガシィや日産のスカイライン、トヨタのマークXなどが覆面パトカーとして採用されるようになりました。

共通点としては、スポーティセダンでかつ4人乗りの車という事です。

さらに、小回りがきくコンパクトカーや軽自動車まで認められ、車種だけでは見抜けないようになってきているのも現実です。

覆面パトカーを見分ける方法2:ナンバーで確認

警察は該当の地域の管轄内で取締りを行うことが基本になっています。なので、他県ナンバーの覆面パトカーが取締りを行うことはまずありません。

覆面の臭いがした車を発見した場合は、まずどこの県のナンバーか確認をしてみると良いでしょう。あなたが今走っている場所をまずは把握し、他県ナンバーの車であれば問題ない、同県のナンバーであれば覆面の可能性が高いと思ってください。

「8ナンバー」は覆面パトカーはウソ

また、昔は覆面パトカーのナンバーは「8ナンバー」と言われていましたが、現在はそんなことありませんので、注意してください。

現在の覆面パトカーのナンバーは、その車種の排気量のナンバー、3ナンバーや5ナンバーになります。ですので、「3ナンバーは大丈夫」というのは昔の話ですので、3ナンバーや5ナンバーだったとしても、安心しないようにしてください。

覆面パトカーを見分ける方法3:左側の走行車線を走っている

速度違反の取り締まりを行う覆面パトカーは、基本的に左側の走行車線を法定速度で走っています。速度違反を見つけた場合にすぐに後ろに張り付いて来るようになっています。

覆面パトカーを見分ける方法4:ボディがピカピカ

覆面パトカーは毎日警察官によって洗車されています。その為、常にボディがピカピカなため、怪しいと思ったらボディの反射を確認してみましょう。

覆面パトカーを見分ける方法5:上下2段のルームミラーがついている

覆面パトカーは、視認性を高めるためにルームミラーが2段になっている場合が多いです。前後を走る車のルームミラーが大きいと感じた場合は、覆面パトカーを疑った方が良いでしょう。

リアガラスが黒い理由は?

覆面パトカーはリアガラスが黒くなっています。これは、後ろから車内を覗かれにくくするためだけではなく、電光掲示板になっているからです。

違反者を発見した時、違反車両の前方へ行き、電光掲示板に「パトカーに続け」と支持を出すためです。

覆面パトカーのチェック方法

覆面パトカーの特徴を説明しましたが、全ての項目を確認すると、脇見運転になり逆に大きな事故になりかねません。ですので、見分ける際のチェックポイントをまとめました。

・抜く前・・・車種・乗車人数
・抜くとき・・・ドライバーの服装(制服なのか)
・抜いた後・・・乗車人数・追い抜いた後の車の動き(後ろを追いかけてくるかどうか)

これらがチェックポイントとなります。最も特徴的に出てくるのは、抜いた後ですが、抜いた後では遅しという場合もありますので、できれば抜く前に見抜きたいところですね。

マニアックなチェック方法:エンブレムがない!?


マニアックな覆面パトカーのチェック方法として、なぜかクラウンではグレード名の部分のエンブレムがないパトカーが多い傾向にあります。理由は判明していませんが、これは一つのチェック項目として確認できるでしょう。

まとめ

覆面パトカーに捕まらないように安全運転をするのが最も良いのですが、意外と細かい部分を注視すれば見分ける事ができます。
しかし、見分けることができるようになったとはいえ、無理な運転は避けるようにしてください。

また、最近では覆面パトカーの車種も多く増えてきていますので、一概にこの車種は覆面パトカーではない!という事はいえません。

ちなみに私が一番びっくりした覆面パトカーは、パジェロです。

みなさんが目撃した一番意外な覆面パトカーの車種はなんですか?

現在の投票数は188票です
コメントはありません

  • パジェロ
  • ムーブ
  • 軽トラ
  • GTR32

コメント

参考になったら
シェア!しよう

Twitter で

コメントを書く

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »