米紙ニューヨーク・タイムズは先日、性行為を強要されたという内部告発のあった元幹部にGoogleが、9000万ドル(約100億円)の退職金を支払っていたと報道。

これを受けてGoogleのピチャイCEOは、従業員に送っていたメールで、

「過去2年間で48人をセクハラを理由に解雇した。うち13人は上級管理職以上だった。いずれも退職金は支払っていない」と弁明した。

しかし、ルービン氏はセクハラによる解雇ではなく、退職しており、セクハラ報告があったことは公表されなかった。

従業員らはTwitterに「 Walkout For Real Change」というアカウントを開設した。

、不正行為、透明性の欠如、誰にとってもうまくいかない職場に抗議するため、11月1日の午前11時10分からデモを行う」と宣言し、デモが行われた。

皆さん、どう思いますか?

現在の投票数は3票です
コメントはありません

  • セクハラ者に退職金を払う会社は潰れる
  • 払拭は会社組織運営に必要だ
  • 日本の企業も従業員のその度胸はない

↑意見を追加

コメント

参考になったら
シェア!しよう

Twitter で

コメントを書く

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »